hyogenzemionline 算数表現力ゼミ(オンデマンド)

算数の問題にどう向き合うかの「試行錯誤力」とそれを「表現する力」
問題を解く過程から答えにたどり着く「論理的思考」を身に着ける「算数表現力ゼミ」。
動画+プリント配信で受講可能なオンデマンド版となります。

問題を解く「楽しさ」を体験できる経験を

徐々に複雑な問題が取り組めるようになってくる小学校中学年。 この時期に大切なのは、解き方のテクニックを覚えるよりも 「とにかく試行錯誤すること」 「自分の考え方や発想をとにかくアウトプットする(=表現する)こと」です。 そして、試行錯誤していくなかで発見をしたり、 たくさん試したという達成感を得たり、予想外の発想で答えにたどり着いたりという、 試行錯誤やアウトプットをした結果としての「楽しさ」を体験できる経験を積むことがとても重要です。 中学受験をする方は、中学受験のなかでそういった経験を得ることはできますが、 中学受験をしない方も、算数で「試行錯誤することの楽しさ」を体感する機会を作っていくことが、 中学進学後の学びにも大きく影響していきます。 <算数表現力ゼミ@オンデマンドの特徴(受講方法)> 算数表現力ゼミ@オンデマンドは、自宅にいながら自分にあったペースで受講できる、 今の社会に合った「オンデマンド型」の講座です。 最難関中学受験塾で算数主任を務める、算数指導歴30年の講師が考案したオリジナルの問題を出題&解法を動画解説。 math channelで大切にする、「楽しさ」の体験を算数の良問を通して体験できる講座となります。 毎月1つの単元に絞り、試行錯誤しながら向き合えるような問題を提供します。 月2回・隔週火曜日に、問題プリントデータ+問題の解説動画をメールで配信します。 1回分の配信内容の想定所要時間は、問題を解く時間が約60分+解説動画の視聴で約40分=計100分です。 また、希望者には問題プリントの添削も行います。郵送もしくはデータ送付にて、プリントをお送り頂き、 どう考えて書いたかやわからなかったことなどを講師も拝見し、 お子様がもっと取り組みたくなるようなコメントを添えてご返却します。 面白い問題と向き合う経験、試行錯誤する経験をこの機会に。ぜひご参加ください!

教材・カリキュラムについて

1回の配信につき4題出題し、毎月合計で8題(小問で数えると全20~30問程度)の問題に取り組んでいただきます。 小問にわけて出題し、まずは比較的簡単な問題から取り組んでいける設計になっております。 とにかく書き出していくことで答えにたどりつける問題もあれば、 工夫して取り組むことで効率よくとける問題もあります。 いずれの問題であっても、「考えたことをとにかく書くスペース」を活用し、 「式」や「答え」以外もとにかく書く練習をできる教材です。 <各月の扱う単元> 2021年10月:速さ「グラフを読み取る問題や、表にまとめる問題」 2021年11月:平面図形「面積の等積変形や円を含む図形」 2021年12月:記述「計算に関する記述と作図に関する記述」 2022年1月:計算と数「工夫して計算する&数の性質」 2022年2月:規則性と場合の数「等差数列と場合分け」 2022年3月:文章題「図や文章の読解」

担当講師について